Perm

ドライホットの毛先ワンカールパーマプロセス(MOVIE)

ドライホットの毛先ワンカールパーマプロセス(MOVIE)

TOMOTOMO VOL.14「ホット系パーマ入門」のスピンオフ動画。ホット系パーマのスタンダード「ドライホット」で、毛先ワンカールパーマをつくる一連のプロセスを紹介します! 単に流れだけじゃなく、ホット系で気をつけたいポイントなども分かる動画ですので、本誌とあわせて見てみてください! テクニック・解説 / 戸石正博 [Shanty]

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.14 ホット系パーマ入門

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.14 ホット系パーマ入門

セルフブランディングやお客様満足度を高める新たなツールとして、再び注目を集めているホット系パーマの入門書がついに登場。「?」を1つずつ解決するコンテンツが、揃っています。 はじめてホット系パーマにチャレンジしたい人も大丈夫。どんなスタイルに向いているのか、温度設定やパーマ液の選び方から丁寧にお届けします。

ホット系パーマ 加温で水分残す? 乾かす?

ホット系パーマ 加温で水分残す? 乾かす?

ホット系パーマのやり方として、低めの温度で水分を残すパターンと、高めの温度で乾かすパターンがありますよね。これ、好みだったり、なんとなくのイメージで使い分けられていることも多いみたいなのですが、実際のところどんな違いがあるんでしょうか? 気になったので実験してみます!

ホット系パーマ 50℃と70℃で質感はどう変わる?

ホット系パーマ 50℃と70℃で質感はどう変わる?

ホット系パーマで気になるのは温度設定。昔は100℃設定とかも多かったみたいですが、今は50℃~80℃が主流です。「……50℃~80℃って、、、だいぶ幅広いじゃん」という感じだと思いますので、今回は温度の違いでカール感がどんな風に変わるのかを実験です!

コールドパーマ/ホット系パーマ 使い分けのポイント

コールドパーマ/ホット系パーマ 使い分けのポイント

美容師目線ではセルフブランディングのツール、お客様目線ではお洒落感を長持ちさせるメニューとして注目されているのが、パーマです。パーマの仕方は、「コールドパーマ」と「ホット系パーマ」の大きく2つ。つくれるヘアスタイルやメリットに違いがあるから、自身のお客様ならどっちのパーマが合っているか、想像してみてくださいね。

色気アップの外ハネパーマ ベースカット編

色気アップの外ハネパーマ ベースカット編

さて今回からお届けしていくのは、TOMOTOMO12でも紹介している「外ハネパーマ」。カジュアルさもあり、色気も醸し出せるから、幅広い年齢層のお客様に合わせやすいパーマスタイルです。お家でアイロンスタイリングするのはちょっと面倒だけど、パーマなら簡単に再現できちゃいます。

パーマを成功させるテクニック【カットとワインディングの連動❷】

パーマを成功させるテクニック【カットとワインディングの連動❷】

こんにちは、どんな風にパーマをアプローチしたらサロンの人気メニューになるのか探求中のTOMOTOMO編集部です。前回の記事に引き続き、ベースカット・セニング・ワインディングの関係性を見ていきます。今回はバック。サイドや前髪に比べて格段に範囲が広いので、より「アタマをブロック分けして捉える」考え方が役に立ちますよ!

パーマを成功させるテクニック【セニング編】

パーマを成功させるテクニック【セニング編】

前回の記事[パーマを成功させるテクニック ベースカット編]で軽さが大事と書きましたが、やたらと軽くしてしまうのも失敗のもと。軽さの判断は経験値も必要なところですが、まずは全体の毛量を均一にすることをイメージしてみるといいかも。ヘア・テクニック / 柳 亜矢子 [broocH]

パーマを成功させるテクニック【ベースカット編】

パーマを成功させるテクニック【ベースカット編】

パーマを「かけ続けている」お客様にその理由を聞いてみると、「手入れがラク」ということをよく言われます。一方で施術する美容師側からしてみると、ボリュームが出過ぎてしまったりして仕上がりが「読めない」ことが苦手意識になっていることも。手入れがラクな仕上がりに結びつけるためにはまず、カットを“パーマ仕様”にしてみましょう。ヘア・テクニック / 柳 亜矢子 [broocH]

オトナ女子にパーマ提案! デザイン・アイデア❷

オトナ女子にパーマ提案! デザイン・アイデア❷

忙しいオトナ女子の毎日のキレイをサポートできる、「パーマ」というツール。スタイリングが“ラクちん”で、なおかつ“色気”を感じさせるコールドパーマのデザインアイデアをご紹介します。ぜひ、お客様への提案にどうぞ!ヘア・テクニック / 阿形聡美 [NORA Journey]

オトナ女子にパーマ提案! デザイン・アイデア❶

オトナ女子にパーマ提案! デザイン・アイデア❶

忙しいオトナ女子の毎日のキレイをサポートできる、「パーマ」というツール。スタイリングが“ラクちん”かつ“お洒落”な、コールドパーマでつくるウエーブデザインのアイデアをご紹介します。ぜひ、お客様への提案にどうぞ!ヘア・テクニック / 柳 亜矢子 [broocH]

オトナ女子へパーマ提案!…の前に知っておきたいこと❶

オトナ女子へパーマ提案!…の前に知っておきたいこと❶

毎朝時間をかけてゆっくりヘアセットする時間なんてない。そんな、仕事や子育てに忙しいオトナ女子の「毎日のキレイ」をサポートできるツールこそ、美容師のワザとセンスが光るパーマです。とはいえ、カラーブームもあって「そういえば、最近パーマやってないな」という人も多いですよね。いきなり提案する前に、TOMOTOMO VOL.12で、パーマのことをちょっとおさらいしてみては??ヘア・テクニック / 柳 亜矢子 [broocH]

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.12 オトナ女子の質感パーマ

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.12 オトナ女子の質感パーマ

毎朝時間をかけなくても、パパッとラフにセットするだけでムードのある質感を出せる、パーマのテクニックを紹介。「朝、時間がない」「スタイリングが苦手」というお客様への提案に役立つパーマスタイルとつくり方をお届けします。

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.02 システインでパーマをもっと使いこなす!

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.02 システインでパーマをもっと使いこなす!

チオグリコール酸と並んで、メインのパーマ剤だったシステイン。かつてのハードパーマブームや、コスメタイプの台頭の中で「かかりが弱い」とされてだんだんと使われなくなってきていました。そのシステインが今、再び注目を集めています。その理由は弾力感のあるウエーブ表現や、まとまりや重さといった質感。ダメージ毛や加齢毛へのアプローチはもちろん、ニュアンス表現が求められるこれからのパーマに必要なシステイン。その特徴を余すことなくお届けします。