パーマを成功させるテクニック【セニング編】

前回の記事[パーマを成功させるテクニック ベースカット編]で軽さが大事と書きましたが、やたらと軽くしてしまうのも失敗のもと。軽さの判断は経験値も必要なところですが、まずは全体の毛量を均一にすることをイメージしてみるといいかも。
ヘア・テクニック / 柳 亜矢子 [broocH]

フォルムを小さくするイメージ

髪の量は場所によってムラがあったり、細さが違っていたり、あるいはダメージによってかかりやすさにも違いがあります。均一に、イメージ通りにウエーブを出すには、かけたい部分の厚みを揃えておくことが第一歩。

どれくらい軽くすればいいのか? というハッキリした基準は設けづらいのですが、まずは均一な毛量を目指すことがポイントです。

より分かりやすくするコツとして、頭をブロック分けして、フォルムを小さくするイメージでセニングを入れてみましょう。

半開閉のスライドセニング

テクニック的には、セニングを半開閉させながらスライドさせる「スライドセニング」を入れます。

フォルムを崩さないようにするコツは、縦スライスで引き出してカットラインが見えるようにすること。厚みの把握もできるので、均一な毛量に近づけやすくなります。

ネープ・耳後ろ・ハチまわり・ハチ上
ブロックごとにどうしたいか決めよう

ロッドをどう配置するかにもよりますが、バックはこの4ブロックに分けてそれぞれの厚みを揃えていきます。

ポイントは、それぞれのブロックで「どうしたいか?」、「どこからウエーブが欲しいか」を決めること。このスタイルの場合は根元からウエーブを出す想定で、↓のようにカットしています。

●ネープ…内側の髪はかかりにくい傾向がある、毛先のラインは残したい
→根元1/3~中間
●耳後ろ…耳後ろは毛量が多くウエーブが溜まりやすいので軽くしたい
→根元1/4~毛先
●ハチまわり…根元近くからウエーブを出したい、重なったときに抜け感が欲しい
→根元1/4~毛先
●ハチ上…表面にウエーブの質感が欲しい
→根元1/3~毛先

こめかみ下、ハチまわり、ハチ上
顔まわりは分けて厚みを見よう

サイドもバックと同じで、各ブロックの役割をイメージしながらカットします。注意したいのは、顔まわりをサイドと一緒に切ってしまわないこと

髪の太さや厚みだけじゃなく、デザイン上の役割も違いがあったりするので、別々にセニングを入れることがポイントです。ちなみに、このスタイルの場合は↓のようにセニングを入れてます。

●こめかみ下…しっかりウエーブを出してシルエットの土台にしたい
→根元1/4~毛先
●ハチまわり…重なったときに抜け感が欲しい
→根元1/4~毛先
●ハチ上…表面にウエーブの質感が欲しい
→根元1/3~毛先
●顔まわり…肌になじむニュアンスが欲しい
→サイドと分けて厚みをチェック

内側・表面
ワインディングに合わせて2段

前髪は顔まわりのフレームをつくる大事な場所。なので、一気にセニングを入れずに丁寧にカットしましょう。

ザクザク切らずに、1枚ごとにパネルの厚みをチェックして、隙間をつくるようにカットすることがコツです。このスタイルは2段に分けてワインディングする想定なので、それに合わせてセニングを入れています。

●内側…毛先の厚みを残して束感を出したい
→根元1/3~中間を間引く
●表面…ほどよい立体感が欲しい、
→中間~毛先手前の厚いところを間引く


“似合うムード”が手軽に再現できるカット&パーマのヒントがたくさん!
TOMOTOMO BASIC SERIES vol12
“私らしい雰囲気”をおうちで簡単再現
オトナ女子の質感パーマ

好評発売中
¥2,500+TAX