顔まわりの作り方 少しのカットでもっとカール映え!

ワンカールが映えるカット

日常的にアイロンを使うお客様ならば、カールの効果を引き出すカットが喜ばれるはず。

TOMOTOMO VOL.15でGARDEN鈴木彩乃さんが作ってくれたスタイルを紹介します。

ほんの少しのカットでも効果あり

まずBEFOREとAFTERを比べてみましょう。

見ての通り、サイドとバックの長さはほとんど変わっていないんです。

細かい部分に手が加わっているので、ひとつひとつチェックしていきましょう。

顔まわりにレイヤーカットをプラス

あご下からレイヤーカットを加えます。

巻くと、ちょうどあごの脇にカールがかかります。輪郭が気になる人の場合、このカールが輪郭をぼやかしてくれます。

かわいく見せるには

サイドの髪も重要

顔まわりをかわいくするのはフロントの髪だけじゃありません。ヘアスタイルの外郭になるサイドの髪も使えるんです。

巻けば動きはつきますが、自然な感じにしたいならレイヤーカットしておきます。

カールをつけたところ。サイドの髪がこんな風に動いてくれると、前から後ろへの奥行きが出て顔を立体的に見せてくれます。

バングは自然にサイドにつなげて

最後はバング。BEFOREより短くしますが、端の部分はラインを下げます。

目尻側がほんの少し長くなっています。

巻いて仕上げたところ。バングの端が自然にサイドとつながって見えます。この長さがあると、顔の面積を目立たせません。

少しのカットでかわいくなる

実際に切るのはほんの少しの量なのに、かわいく見せられる。

ワンカールが映えるカット、詳しくはこちらでどうぞ。

TOMOTOMO VOL.15

前髪でかわいく小顔に 顔まわりの切り方

詳細は こちら