骨格のとらえ方でカットは変わる!<ノンブローカット考察1>

ブローしなくても、乾かすだけで髪がまとまる。

10月15日に発売されるTOMOTOMO vol.11は、Cocoonが提唱する「ノンブローカット」の大特集。TOMOTOMO LABO.でもその考え方をを紹介していきます!

hair 泰斗 make-up おのかえで

まずは頭のとらえ方から。

頭は丸い。このあたりまえの常識を、カットのセクション分けにも使っていきます。

たとえばワンレングスのカット。ワンレンは一般的に横スライスでダウンシェープして切っていきますね。

こんな風に頭を水平に分けて切ると……

髪はセンターで左右に振り分けられて、横にたまります。当然サイドに厚みが出てきます。

クラシックなワンレングスにしたい場合はOKですが、内巻きに丸く仕上げるには、カットの後、ブローが必要になりますね。

サイドに厚みを出したくない

次にノンブローカットでワンレングスを切ってみましょう。

頭のいちばん外側に出ている点をつなぐと、こんなラインになります。

このラインを目安に、頭をこんな風に分けて切ります。シェープは頭の丸みに合わせて。

すると先ほどとは違ったワンレングスに。

サイドに髪がたまらず、角ばりのないフォルムになっています。ブローしなくても、いい感じの丸みが出るんです。

骨格のいちばん外側に

出ているゾーン

カットだけで自然にまとまるのはなぜなのか? もう一度この図を見てください。

頭のいちばん出ている部分をつないだライン。

このライン付近は、頭のハチを含むゾーンです。

このゾーンの髪の特徴は……

このゾーンの髪って、まっすぐ下に落ちないのです。説明してみるとあたりまえの話なんですが、根元近くは骨格の上に乗っていて、そこから毛先が下に落ちます。これを意識してシェープして切ると、頭の丸みに沿ったフォルムに近づけられるのです。

骨格のいちばん外側に出ているゾーン……ここの髪がどう落ちるのか見極めて切る。

これだけ意識するだけでも、カットはかなり変わってきます!

10月15日発売 

骨格・髪質・毛流に合わせて切れば髪はまとまる! 

Cocoonノンブローカット