育てる明るい白髪染め / 毛先の沈みを解消して透明感アップ!

暗く染める白髪染めから透明感のある色味にチェンジするときは、一気にやらずに、3回のカラーリングで少しずつアプローチしていくことがポイントです。TONI&GUY JAPANのカラーリスト岩屋 真さんに、中間毛先が沈んでいるケースの対応方法を見せてもらいました。
technique / 岩屋 真 [TONI&GUY JAPAN]

DAY1
クリームブリーチで沈みをおだやかに

新生部が2~2.5センチ、根元寄りの数センチが8レベル、中間毛先が6.5レベルに沈んでいるグレイカラー毛。

1st process → 保護+中間毛先にクリームブリーチを塗って8レベルに
2nd process → ワンメイク(新生部はグレイカラー剤+ファッションカラー剤、中間毛先はファッションカラー剤)

DAY2(4週間後)
バレイヤージュ+ファションカラー剤で
透明感アップ

前回の施術で、グラデーションベースに仕上げています。
ところどころ以前の暗染めの沈みが残っているので、バレイヤージュのテクニックで、自然な明るさと立体感をつけます。

1st process → クリームブリーチでバレイヤージュ
2nd process → ワンメイク(新生部はファッションカラー剤、既染部もファッションカラー剤)

DAY3(さらに4週間後)
ワンメイクでティント補給

前回のバレイヤージュによって、沈みもなく、自然なグラデーションベースに。3回目はシンプルなワンメイクにして、次回以降、最低限のホイルで遊びが効かせられるように、ベースのトーンを整えます。

process → ワンメイク(新生部はファションカラー剤+トーン高めのグレイカラー剤、既染部は微アルカリのファッションカラー剤)

もっと詳しく知りたい人は

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.08
白髪染めだって透明感!明るく染めるグレイカラーTisp

でどうぞ!