TOMOTOMOヘアカラー通信10「ブロンドにピンクのバング」

ヘアカラー通信第11回はGALA AOIさんの作ってくれたキュートなデザインカラーです。

ビフォーがブロンドなら

そのまま活かせる

モデルさんは元々ブロンドだったので、根元リタッチだけで、ブリーチはしませんでした。ビフォーがダークトーンなら、イエローのレベルまでブリーチしておきます。

ベースにはアルカリカラーのシルバーを塗布し、きれいなブロンドに仕上げます。

バングともみあげにはピンクを入れます。塗布したのは塩基性カラーのピンク。

もみあげは根元をぼかす

バングはきっちり根元まで

もみあげは約1.5センチの毛束にピンクを塗布。

根元をぼかして塗布して、不自然に見えないようにします。

逆にバングは根元をぼかしません。

きっちり三角ベース内を塗り分けます。

バングは「自然なつながり」は考えずに、あえて人工的に色が変わっているように見せるわけですね。

確かにその方が魅力を引き立てています。

このスタイルを作った人

AOI(GALA)

エビスビューティカレッジ卒業。都内1店舗を経て、2016年より渋谷GALAにオープニングスタッフとして参加。「色落ちがキレイであること」にこだわり、カラー剤は褪色時に嫌な色が残らないものを使うように心がけている。


「ヘアカラー通信」で紹介したスタイルを含む
デザインカラー24点を解説

TOMOTOMO VOL.13
色の配置と組み合わせのアイデア・カタログ
図でわかるデザインカラー

4月15日発売