横顔がかっこよく見える! 「もこネープ」

「すれ違った人を『あ、いいな』って思うのって、横顔だったりしません? 実は他人からは正面より後ろとか横が見られてるですよね。横顔がかっこいい髪にしませんか」――gricoの宮永えいとさんはお客様にこんな話をして、サイドやバックの重要性を伝えているそう。今回は後ろに見せ場があるスタイル「もこネープ」のカット動画をお届けします。

後頭部のはり出しが

頭の形をよく見せる

ウルフに続いてえいとさんが切ってくれたのは、これまた女子にも男子にも使えそうなショートグラデーションです。女の子がするとボーイッシュ、男の子がすると中性的でかわいい感じになりそうですね。そして何より頭の形がよく見えるので、全身のスタイルもよく見えそうです。

<1>

まずはスタイルの紹介。「もこネープ」のネーミングの由来がわかる。こんなスタイルだったら横顔に自信がもてますねー。

<2>

バックのウエイトを作るカット。頭の形を見て「ここにふくらみが欲しいなー」というところを見極めてください。

<3>

サイドはバックとつなげて、やや前上がりのラインで切っていきます。

<4>

バングのカット。アシンメトリなので、右と左でサイドとのつなげ方が違います。

<5>

チェックカット。小さなカットですが、これをやるかやらないかでフォルムの整い方が違ってきますよ。

<6>

セニングのテクニックです。バックのはり出しを目立たせるためにも、ネープは多めに削いでタイトに締める!

<7>

スライドカットで質感を作っていきます。重さを活かしたスタイルなので、削ぎ過ぎ注意です。バランスを見ながらカットして。

<8>

スタイリングのテクニック。最初は大きく作って、ネープや顔まわりをタイトに締めて仕上げます。

動画はいかがでしたか?

ねらったところに重さを出せるようになると、フォルム作りに自信がついて、スタイリングだけに頼らなくてもよくなります。ショートグラデーションのカットは覚えればずっと使えるので、ぜひ練習してみてくださいね。