グレイヘアが活きるコントラストデザイン・アプローチ/育てる明るい白髪染め

白髪染めで透明感のあるベースをつくれたら、次に考えたいのは「キレイを継続しながらカラーを楽しむための提案」。グレイヘアは明るさがある分、毛先が褪色してくると色がぼんやりしがちだから、うまくリズムをつくってあげるといいですよ。
iro.のカラーリスト井上朋太郎さんに、やり過ぎ感のない「コントラストグレイカラーデザイン」のバリエーションを見せてもらいましょう!
colortechnique / 井上朋太郎 [iro.]
hair / 吉永薫美子 [iro.]

DAY1
(初日 / 2プロセス)

ランダムチップハイライトで
リズム感アップ

新生部が1.5センチ、白髪率はフロントが40%、バックが30%くらい。
明るく透明感のあるベースですが、中間毛先は褪色していて、陰影がなくぼやけた印象に。

1st process → 耳より上の半頭にハイライト。太さや深さをランダムにしたチップでリズムをつけます。クリームブリーチで14レベルまでトーンアップ。
2nd process → ファッションカラー剤でワンメイク。アンダーの影響でイエローっぽくなっている中間毛先は、ナチュラル系の10レベルにして、新生部はブラウン系の7トーン。自然なグラデーションにします。

DAY2
4週間後 / 1プロセス)

ローライトと毛先バレイヤージュで
動きをプラス!

前回の色味が褪色して、全体がキレイなゴールド系に。
色のトーンが根元から毛先まで自然につながっているので、このままベースを活かします。
前回入れたハイライトを活かすため、今回は、表面にローライトを入れます。
その分、全体の明度が下がって見えるので、毛先にバレイヤージュを入れて明るくして、動きを感じられるようにします。

process → まず表面にローライト。毛先の厚みを目安にチップを取って、スソまで出るようにします。次に新生部をブラウン系7レベルでリタッチして、最後に表面からランダムに毛束を取ってバレイヤージュ。

DAY3
(さらに4週間後 / 2プロセス)

リタッチ+グロス染料で
ベースを活かした色味チェンジ!

前回のローライトが褪色して、自然な陰影に。全体の色味が調和しているので、アルカリフリーのグロス染料で、ベースを壊さずに色味をチェンジします。

1st process → ファッションカラー剤で新生部をリタッチ。既染部に使うグロス染料の色味に合わせて、ピンクブラウン系に。
→ 既染部を、グロス染料で色味チェンジ。

もっと詳しく知りたい人は

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.08
白髪染めだって透明感!明るく染めるグレイカラーTisp

でどうぞ!