質感がキレイに見えるカットのコツ ―オトナミディアム編―

髪をやわらかく、ふんわり動かす質感カット。持ちや自宅での再現性がアップすれば、お客様のリピート率も高まるはず! 特にオトナ女性の髪はセニングだけで軽くしようとすると、パサパサしたり、ペタッとなりがちです。最小限の質感カットで最大の効果を出すためにも、ベースカットでちょっとした工夫をしておくことがポイントです!
technique / TAIICHIRO SUGENO [LANVERY]

“イングラ”で
アウトラインのおさまりアップ!

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.06『外国人風質感カット』より

毛先をセニングでつくった軽さだけでおさめようとすると、ペラペラになって動きもつけにくくなります。

頭の丸みに沿って押さえつけながらシェープして、内側の毛先をちょこっとカットして、イングラをつけてみましょう。

そうすれば、適度な厚みをキープしながらフィット感もアップ。必要最小限のセニングでもしっかり動かせます。

“レイヤーカット”で
ふんわりフォルムをつくろう!

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.06『外国人風質感カット』より

顔まわりやハチ上の表面は、適度な軽さをつくって、動きを出したいところですよね。

オトナ女性の場合、髪質の変化で毛が細くなっていたりして、どれくらい軽くしたらいいのか、バランスが大切。

レイヤーカットをして、フォルムを少し軽くしておけば、セニングを入れるときに厚みの残し具合を見極めやすくなります。

フォルムもふんわりするので、持ちもよくなります

“隠しレイヤー”で
立体感のある毛先に!

TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.06『外国人風質感カット』より

「表面に立体感のある毛束が欲しい」、「毛先をランダムに遊ばせたい」けど、表面にセニングを入れてしまうとパサつきが気になる・・・・・・。

そんなときには深めにチョップカットを入れる“隠しレイヤー”がピッタリ。

毛先に長短をつけて毛束の重なり方をランダムにしてあげれば、自然なツヤ感をキープできます。

お客様がお家でサロン仕上げの質感を簡単に再現できるためにも、ベースカットで扱いやすくしておいてあげると、満足度はきっと高まるはず。

ベースカットと質感カットは、それぞれが独立したテクニックというよりはむしろ一体で、「あとで質感をつくるから、ベースカットではこう切っておこう」みたいにカットを組み立てるといいようですよ。ぜひみなさんのサロンワークにも取り入れてみてくださいね!

より実践的で、詳しいテクニックを間近で見られるセミナーも開催しますので、お楽しみに!


TOMOTOMO セニングセミナー
10/9(火)開催!

★日時 / 2018年10月9日(火)13:00~16:00
★会場 / 新美容出版ホール
★講師 / 菅野太一朗 [LANVERY]
★受講料 / 3,500JPY

詳細・お申込はコチラ


好評発売中!
TOMOTOMO BASIC SERIES VOL.06
ヌケ感、ふんわり感で髪をかわいく、やわらかく
外国人風質感カット

2018 / 07 / 15 ON SALE!
2,500JPY + TAX

購入・詳細はこちら: