Wille志賀尚之さんにハイトーンカラーの質問してみた! 第1回

Wille志賀さんというと、アニメのキャラクターとおそろいカラー(→2.5Dカラー)で知られています。

志賀さんのインスタグラム @shiga_man 

その一方で、業界および同業者の間では「とにかく色がきれい」「あの色出しはすごい」という評価が高まっており、志賀さんカラーのファンは増加中…!

TOMOTOMO VOL.7で作ってくれたデザイン。心ひかれるブルーのグラデーション。

2月19日にはセミナーも決まっているのですが、現在編集部には「これが聞きたい!」という志賀さんへの質問がたくさん届いています。

なので本番前ですが、志賀さんのお答えをここで公開しちゃいます。

それではさっそくQ&Aスタート!

Q.初めてハイトーンに挑戦するお客さまにおすすめのカラーは?

A.全体じゃなくてまずはポイントで変化つける、インナーカラーをよくしますね。根元からがっつり入れません。根元ははずして、地毛の色を残す。その方が自然に見えます。

初めてだとブリーチしても明るくなりづらいと思うんで、色は暖色系。最初から塩基性のピンクなんかにするのはハードル高すぎるんで、アルカリの赤紫系なんかいいんじゃないかな。ブリーチ1回でできる色がいいですね。

Q.暖色系以外ではどうですか?

A.初めてのブリーチだと、最初はアンダーをオレンジのレベル以上は上げにくい。そのレベルでも出せるネイビーはどうでしょう。染めてから1週間くらい経つと、深めのネイビーグレーになって、いい感じの色落ち楽しめます。流行りのグレージュっぽい色でおしゃれだと思います。

Q.ダメージ毛でもきれいに見える色ってありますか?

A.傷んでないように見せるなら暖色系がいいんでしょうけど、シャンプーして色落ちしていくことを考えると、ちょっと。寒色系の方が色が沈む分、残りやすい。なので僕は寒色系を使うことが多いです。

あと、塩基性カラーの利用はおすすめです。

ベースをアルカリカラーにして、インナーに塩基性カラー、表面付近にホイルを少し入れてここも塩基性カラー、というやり方をよくします。色が落ちていっても全体は馴染んで、きれいに見えるんですよ。

Q&A第1回はここまでです! 近日中に続きをお届けしますのでお楽しみに。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

志賀さんのセミナー、現在内容ツメツメ中です。

応募はこちらからどうぞ!